故人との別れを惜しむなら家族葬がベスト!

数珠

葬儀では大きなお金が必要

一般的な葬儀では200万程度の必要が必要と言われ、経済的な負担がとても大きいです。この経済的負担が気になる人に最適なのが家族葬です。家族葬は身内だけで行われる葬儀のことで、八尾市の葬儀業者では、この家族葬をおこなっているところは多いです。

数珠

突然でも安心

門真市は家族葬が増加しており、家族葬は呼ぶ方のリストを作り葬儀屋を選び、ご遺体の安置場所へのお迎えの日時の希望を言い、ご遺体を安置すると葬儀屋と打ち合わせを行いどのような葬儀にするか業者と一緒に考えていきます。

葬儀

小さな葬儀プランなら

大阪市荒本や周辺で家族葬を希望する場合、葬儀業者を決める前には、見積もりや問合せを行うことが重要です。サイトの情報を確認することもポイントですが、電話の対応や話し方など、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

様々な負担が少ないお葬式

葬儀

今までにはなかった長所も

少子高齢化や近所付き合いの希薄化で参列者が必然的に少なくなる・長引く不況で葬儀費用が大きな負担となるといった理由から、横浜などの都市圏では直葬を希望する方が近年では増えています。しかし、お葬式は亡くなられた方のためだけではなく、遺族の心のケアという大切な役目もあり、全くしないとなると後で後悔するケースが少なくありません。そこで最近、特に横浜や都会とされる地域で注目されているのが、お葬式の新しい形である「家族葬」です。家族葬にはまだしっかりとした定義がありませんが、基本的には少人数でアットホームなお葬式なので費用や弔問客の対応などの負担が少ないことがメリットです。横浜でも複数の葬儀社が家族葬を執り行っていますが、費用や内容は少しずつ違うので可能であれば事前の相談が出来ればベストです。家族葬の長所は負担の少なさだけではなく、良く知っている間柄の方のみで温かく故人を送ってあげられることや、一通りの儀式は執り行うので負担は抑えても最低限のことはしてあげたいという希望も叶えられることが挙げられます。また、お葬式をしないケースが増えている理由の中には寺院との付き合いがないからという事情もありますが、多くの葬儀社では各宗教や無宗教に対応した家族葬のプランを用意しているので心配ありません。そして、檀家にはなっていないけれどお坊さんに来てもらいたいという場合には、横浜近辺のお坊さんを紹介してくれるサービスがある葬儀社を選べば可能です。