故人との別れを惜しむなら家族葬がベスト!

花

突然でも安心

数珠

流れを知る

最近は家族葬を選択する方や生前に家族葬を望む方が増加しており門真市でもその数は増えており、専門に行う葬儀屋や特別なプランを作っている葬儀屋も多く特に門真市は大手の葬儀屋から、独立した小さな業者も多く安心してお別れをする事ができます。門真市の業者の多くはどの宗教でも問題なくお坊さんや神主などの手配も可能で、その後の寺や神社、教会と付き合いたくない場合でも手配ができます。細かい配慮とサービスに定評があるのが門真市の葬儀屋の特徴です。家族葬は誰を葬儀に呼ぶかリストを作る事から始めます。家族葬と言っても親戚や生前お世話になった方を呼ぶ方もおり、数人の参列者の葬儀もあれば100人程度の家族葬もあります。リストの参列者に連絡をした後は葬儀屋を選んで連絡し自宅へ安置するために搬送時間の希望を伝えますが、ご遺体の安置場所を自宅にしたくない場合は直接葬儀屋の会場に安置できる葬儀屋を選びます。無事安置ができたら葬儀屋と打ち合わせが始まり、葬儀やお通夜の日時や花や供物など細かい事まで打ち合わせする必要があります。心身ともに疲労がある状態のなか行うため、体調に合わせて行う事を心がける必要があります。葬儀が無事終わったあとは家族葬に呼ばなかった方へ、亡くなった事と家族葬を終えたという事を知らせるハガキを送ります。送るのはだいたい49日法要を終えた日、納骨を終えた日などが一般的です。家族葬は亡くなられた方とゆっくり最後の一夜を過ごしお別れができる事で、残されたご家族も気持ちの整理をつけやすい葬儀になります。